角地に建つシンメトリーの家

以前、島根県で設計させて頂いた住宅。敷地は郊外に分譲された住宅地で、敷地面積が広く角地に建つことから、どの方向から見ても建物の顔(ファサード)がある特徴的な外観にしてほしいとの要望がありました。
そこで、2階部分を跳ね出し、建物を少しずつずらしながらもシンメトリーなボリュームとすることによって、特徴的な形ながらも統一感を持たせた外観を提案させていただきました。