月別アーカイブ: 2016年6月

逢坂の家 1年点検へ

DSC02292-1

先日、逢坂の家の1年点検に行ってきました。
すごく大事に住まわれていて、設計者としてはうれしい限りです。
逢坂の家はかなりの悪条件で、設計からすごく悩み、工事も苦労した物件なので思い入れがあります。

建て替えの話しを伺った時には、既存建物が傾くなどリフォームでは対応出来ないほど老朽化が進んでいました。
また、敷地調査をすると、敷地と前面道路との間、2mが大阪市交通局の土地で建築基準法上の道路ではないことが判明し、その土地を購入する手続きから始まりました。

mo-001-1
赤い壁の住戸の建て替えです。

RIMG40471-1
左端の住戸の建て替えです。

敷地は片側2車線の国道沿いから2mの歩道を隔てたところにある、戦前に建てられた三軒長屋の住戸です。
写真からもわかるように、建て替えるには難易度の高い敷地で、設計力と現場監理力が問われました。

間口4.6m、奥行15mの狭小地に加えて、既存建物は道路側から見れば2階建てですか、レンガ積み擁壁で作られた地階があり、さらに敷地の裏面は石積の擁壁で作られた2.6mの段差があります。

RIMG9124-1
RIMG9156-1 レンガ積み擁壁です。地階があったのですが、漏水することなく何十年と地盤を支えていました。

RIMG10745-1RIMG11434-1
レンガ積み擁壁を型枠にして配筋。

RIMG11808-1 RIMG13095-1RIMG13099-1
地階は鉄筋コンクリート造。

RIMG12553-1RIMG12527-1 RIMG13250-1
1,2階は鉄骨造です。

防火地域のため耐火建築物にしなければならず、地階を鉄筋コンクリート造、1,2階を鉄骨造とし、外壁はケイカル板15mmの上に、窯業系サイディング張りで耐火構造としています。

 

洗面所・浴室 富雄の家

tomio-24洗面所は実験用シンクとタイルなのでローコストでできています。また、シンクが大きいので子供のドロだらけになった服や靴を洗うことも可能です。

tomio-23床、壁はFRP防水仕上げです。
天井は桧材ですが、カビ一つ生えていません。
シャワーはオーバーヘッドシャワーです。
浴槽は家族みんなで入れる広めの浴槽です。

 

飾り棚、居室 富雄の家

tomio-17

壁に板材を埋め込むだけで本の飾り棚になります。
少しのアイデアで壁のアクセントになります。

 

tomio-18

フラット天井面は杉板張りとし、勾配天井は漆喰塗りです。
杉板は節のある並材がおすすめで、白い壁によく合います。

 

キッチン(PUTTON)  富雄の家

tomio-12 tomio-13

トーヨーキッチンのシンクのPUTTONです。PUTTONを置くにはどうすれば良いか考え、このようなキッチンになりました。

置き型なのでどこにでも設置することが可能です。自邸では、桧のテーブルに置いて対面キッチンにしています。

 

リビング・ダイニング・舞台 富雄の家

tomio-11 tomio-10

リビングの中心には、柱で囲まれた舞台があります。この舞台を設置することを前提に設計が始まりました。

舞台は、ダイニングテーブルの椅子にもなり、子供の机にもなり、大人数の時のベンチにもなります。舞台で寝転がると床で寝転がる感覚とは、違う不思議な感覚になります。

家の中に段差があるのも、悪くはないです。