自然素材を使った無垢の家から狭小住宅まで、様々な住宅を設計しています

■ 設計マニフェスト

建築家によって考え方は様々だと思います。

私自身が常日頃、建築について思うこと、建築観についてまとめています。

それを宣言することによって、自分自身の進むべき方向も見えてくると思います。

また、依頼者にとっても依頼する一つの判断基準になればと思います。


建築主のための家

すばらしく美しい住宅や、他人の評価が高い住宅よりも、依頼者に一つ一つ納得してもらい出来上がる住宅が依頼者にとって一番の住宅だと私は思います。

私が造りたいものを押付けるのではなく、依頼者にとって本当に望むものを提案したいと思います。


■ 当たり前の心構え

設計事務所の仕事はサービス業です。

一般の方にはわからない知識・経験を有し、依頼者が求める家造りのサポートをし、依頼者が喜び、満足してもらうことをモットーに仕事をしています。

そして新しい気持ちで仕事に挑みます。
依頼される側にとっては数十回のうちの1回ですが、依頼者にとっては初めてのことです。相手はわかっているだろうと勝手に思い込まず、できるだけわかりやすく満足していただけるよう全力を尽くします。


■ 建築主との対話

まず始めに、建築主は何のために建てるのか。 そして、建築主は私に何を求めているのかを聴くことを大切にしています。

・依頼者の頭の中にある具体的なイメージやプランを具現化し建築技術的なサポートを求めているのか、

・アイデアはたくさんあるが、なかなか上手くまとまらず、それらのコーディネートを求めているのか、

・それとも、設計者に完全にお任せなのか、

・あるいは、依頼者がハッとするようなサプライズ的な提案を求めているのか など的確に判断することを心がけています。 そこを理解せずに進めても、平行線のままで、依頼者の中にあるモヤモヤは解消しません。


■ 安心安全な住宅  

人生の中で、1番高い買物はおそらく、住宅の取得だと思います。

ほとんどの方が土地建物を担保に長期の住宅ローンを組みますので、どんなに気に入ったデザイン、間取りでも、まず第一に安心安全な住宅でなければなりません。

建築基準法に適合することはもちろん、設計図書通りに施工することを原則とし、設計図書と異なる場合は当たり前のこととして、日々是正、手直しをさせています。

的確な工事監理を行いますので、安心してご依頼ください。


■ 素材について

ハウスメーカーや工務店が作る建売住宅は、いかにクレームの無い住宅を作るかで、既製品を使う事が多いです。

しかし、住宅においてそういった経年変化を感じられない素材はあまり使いたくありません。

そういった材料は出来た時がピークで時間とともに、単に汚れていくだけだからです。

ですから、できるだけ無垢の材料を使ったフローリングや制作建具・家具を勧めています。

無垢のフローリングは傷が付きやすいですが、そんなことは気にならないぐらいの気持ち良さと価値があると私は思います。


■気持ちの良い空間

「美しさ」の感覚というのは人によって異なります。

しかし、「気持ち良さ、快適さ」などは、ほとんどの人が共通で感じる普遍的な感覚だと考えます。

例えば、リビングの窓から、隣の家の壁が見えるところで食事をするより、緑溢れる庭が見えるところで食事をするほうが「気持ち良く、食事がおいしい」と感じると思います。

空が見えるお風呂や坪庭があるお風呂のほうが、「リラックス」できて癒されると思います。

吹抜けから降り注ぐ光は、「清々しく開放感」があります。

縁側やウッドデッキに腰かけてビール片手にゆっくりと「豊かな時間」を過ごす。

それらの普遍的な感覚「気持ち良さ、快適さ」を取り入れた提案をしたいと思います。

Copyright © 2018 平野太郎建築設計事務所|奈良・大阪 | 建築家, All Rights Reserved.